【ねこ本】『ネコの動物学』


どぅぶるにゃーん。
どうも、筆者です。
みかときなことの生活がはじまって、まだ間もない頃のこと。
みかが便秘になりました。
病院に連れてエコーで診てもらうと、あらまあ、大腸の中にとってもりっぱなう◯ちのお姿が。
排便を促すお薬をもらって、お尻の穴にオイルを塗って、ご飯もウェットフードに変えてとてんやわんや。
翌日にはなんとかカチカチのうん◯を排出。
みかのお尻の穴は痛々しくも赤くなっておりました。
ほっと一息をついたのも、つかの間。
今度は下痢です。
あわわとあわを食っているうちに、まさかのきなこまで。
ウィルスかと慌てて病院に連れていくも、検査の結果は何も出ず。
「ストレスかご飯の問題だろう。今日からすぐにでも変えなさい」
獣医の先生からお叱りを受けます。
しかし、何をどう変えたら良いのやら。
色々とネットで調べたり、専門書を買い漁ったり。
ご飯を変え、寝床を変え、適度な運動も意識して。
2〜3日後、無事に下痢を脱出しました。
まだまだネコのことをちゃんと知らなかったと、痛感させられた出来事でした。
ネコの動物学表紙ネコの動物学裏表紙掲載元:Amazon

ネコの入門書

これは筆者がちゃんとネコの勉強をしようと、最初に手に取った本です。
伴侶動物学の研究者が書いた、いわば正統な『ネコの入門書』です。
ネコの生態や生理、行動、習慣。そしてヒトとネコの文化について、広くまんべんなく包括しています。

ネコの食べ物

そもそも、この本を購入したきっかけは、ネコの食べ物について正しい知識を求めたからでした。
本書では、消化器官の特徴から、向いている食材、必要とする栄養素について解説しています。
ネコの腸は他の動物と比べて短く、植物の消化には適していないそうです。
炭水化物や糖を栄養に変える能力も低く、穀物食は向いていません。
タンパク質やアミノ酸をエネルギーに変えているため、肉や魚が最適です。
キャットフードの原料や含有成分も、まずはそこに気をつけなくてはいけませんでした。
まさに、ネコは肉食動物なのです。

ネコの味覚

また、ネコの味の感じ方も、参考になりました。
苦味はキライ。
甘みは味蕾がショ糖を感じないため分からないが、アミノ酸の甘みは感じる。
酸味も分かるが、塩味には鈍い。
植物性脂肪よりも動物性脂肪を好む。
冷たいものよりは40度前後の体温に近いものがすき、などなど。
この一冊で、ネコの食物嗜好について、幅広く学べます。

さらに学びたいひとへ

巻末には、さらに学びたいひとへの推薦図書や、参考文献の引用リストも載っています。
その点でもまさに入門向きと言えるでしょう。
とにかくまずはきちんとしたネコの知識を取り入れたい、という時にぴったりの本です。
より深く知っていくための最初のとっかかりとして、オススメです。

本について

著者

大石 孝雄

所属

東京農業大学農学部教授、農学博士
バイオセラピー学科伴侶動物学研究室

専門

伴侶動物学、動物遺伝学、動物資源学

目次

はじめに
1 野生ネコの仲間――家畜化への道
1.1 ネコの仲間
1.2 ネコの進化
1.3 ネコの家畜化
1.4 イエネコの品種
2 狩人としてのネコ――動物学的な特性
2.1 ネコの感覚器官と行動特性
2.2 ネコの狩猟能力
2.3 ネコのコミュニケーション
2.4 ネコの遺伝
3 家庭動物としてのイエネコ――飼育の基礎
3.1 イエネコの繁殖
3.2 イエネコの栄養
3.3 イエネコの生理
3.4 イエネコの病気
4 イエネコの生態――ヒトとの共生
4.1 イエネコの生態
4.2 イエネコの役割
4.3 イエネコの福祉
4.4 イエネコの問題行動
4.5 ヒトとイエネコの共通感染症
5 ヒトとネコの関係――歴史と文化史
5.1 歴史の中のネコ
5.2 芸術の中のネコ
5.3 民俗誌の中のネコ
6 これからのネコ学――イエネコの将来
6.1 ネコの遺伝子を探る
6.2 野良ネコ問題を考える
6.3 ネコの将来的な役割を探る
おわりに
さらに学びたい人へ
引用文献
索引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です